自動車保険 節約

保険料の割引は各社様々

イーデザイン10,000円、チューリッヒ7,000円、SBI損保 6,000円、アクサダイレクト 5,500円、・・・

これはインターネットで契約する場合の各社の割引額の例です。

保険料の割引も各社が様々な特色を打ち出して競争しています。

通販型に限らず、自動車保険業界は「割引競争」のような状態になっています。

ネット割引をはじめ各保険会社によって実に多種多様な割引が設定されています。

この割引の多様さも自動車保険の相場をわかりにくくしています。

どこの割引が自分に最も有利なのかは、個別に割引の種類や割引幅を比較しても簡単には分かりません。

自分の加入条件により各社を一括比較するしか良い方法がありません。

■一括見積もりなら節約できる保険会社が簡単にわかる
   ・一括見積もりサービスはどれも完全無料、電話勧誘や加入義務の心配も全くありません。
   ・免許証、車検証、今の保険証券を手もとに5〜10分程度の入力で申し込みできます。

一つ一つの割引を比べても全体がわからない

自動車保険の割引はネット割引だけではありません。

各社の割引の主なものだけでも、安全装置割引、家族限定割引、低公害割引、長期優良割引、セカンドカー割引、イモライザー割引、安全ボディー割引など、まさに多種多様です。

どこの保険会社の割引が自分にマッチしているかどうかは、特定の割引だけを比べても、また限られた保険会社だけを比べてもよく分からないのが実情です。

自動車保険各社はそれぞれに独自の体系の割り引きを行なうことにより自社の特徴をアピールし競争しているのですから、そのわかりにくさはなおさらです。

代理店型最大手の東京海上日動を擁する東京海上グループまでも通販型自動車保険に参入(イーデザイン損保)するくらいですから、自動車保険のシェア競争は今後ますます強まることでしょう。

各社の競争が強くなればなるほど、多くの保険会社から絞り込みを行える一括見積もりの役割が重要になってくると考えられます。

自分の優先ポイントを押さえてますか?

自動車保険でも自分の優先ポイントを重視して賢い選択をしたいものです。

あなたの自動車保険を選ぶときのポイントは何でしょうか。

等級をプロテクトしたい/事故のときの面倒な手続きを減らしたい

特約など補償内容を重視したい/事故対応の良いところにしたい

無料サービスを重視したい

自動車保険選びというのは、このようなポイントに合う最安の保険会社を探すということになります。

いくら保険料が安くても自分の重要ポイントをはずしていれば、賢い自動車保険選びとはいえないでしょう。

この観点から見ても、自分の加入条件で多くの保険会社を比較することのできる自動車保険一括見積もりは、自動車保険選びに欠かせないツールだということがわかります。


自動車保険 節約なのに満足度UP!の秘訣メニュー